FC2ブログ

第18回 猫ねこ展覧会 ―猫たちのお祭り―

2021年4月16日~8月29日

今年の猫ねこ展覧会は全国から応募した猫好き芸術家さんの、絵画・彫刻・工芸・写真などの力作が300点、美術館を埋め尽くしております。
猫は昔から絵や彫刻や飾り物としても愛され、芝居の花形にもなりました。
今、世界中が新型コロナに侵され、息苦しい生活を余儀なくされておりますが、
そんな時にでも私たちを慰め癒してくれるのは、自由で平和で逞しく生きようとする可愛い猫たちです。

風の吹き抜ける新緑の美しい庭園で、美術館の猫たちとゆっくりお寛ぎいただきたいと思います。
仔猫の仕種の愛らしさに思わず微笑み、和みあうひと時。
心から優しく愉快になれるよう、この展覧会を通して世の中に元気を取り戻すお手伝いをしたいと思っています。

無題


☆期間限定 作家オリジナルグッズの販売も行っております!


P4155551.jpg


美術館の猫たちも、皆様のご来館をお待ちしております。




スポンサーサイト



コノキ・ミクオの芸術展 ―時のページをめくるⅡ―

2021年3月12日~4月11日

コノキ・ミクオ(此木三紅大)は、美大を卒業後、イタリア・ローマに留学。洋画家としてその道をスタートしました。

帰国後、新進の若手画家たちとともに、より自由で活発な作家集団「青枢会」を創立。
その後、日本扇面芸術協会、日本ガラス絵作家協会の創立など、生命讃歌を掲げて60年に亘る活動を続けています。

地域の文化交流や埋もれた作品に対する発掘顕彰などにも確かな足跡を見せながら、個の芸術活動を続けてきましたが、
今回、新型コロナウィルスの蔓延という予想だにしない事態に直面し、各美術館もギャラリーも休館を余儀なくされるなど、
芸術家は発表の場を失い、活動の範囲を狭くせざるを得なくなりました。

コノキ・ミクオはこの事態を受けて、アトリエに籠り、コロナ禍で混沌としながら変動する世の中の、
「時のページをめくる」べく、新しい美を模索し、実験し、制作に専念しております。
この時に生み出された新しい絵画、約70点を展示いたします。是非ご高覧下さい。

●同時開催 館所蔵・茶道具名碗展

ポスター

P3135331.jpg

黙黙黙

鼻嵐

黙黙

鼻様

鼻うそやぐ2

鼻うそやぐ

白い鼻

陽

夜の窓

歩む

浮上

八つの心

蝶

千窟

上がる

山山

窟

深沢幸雄版画展

2021年2月5日~3月7日

千葉県ゆかりの作家で戦後の版画界を牽引した銅版画家・深沢幸雄の作品40点を公開いたします。

日本における銅版画の第一人者とも言える深沢幸雄は、1924年山梨県に生まれ、東京芸術大学を卒業後に千葉県市原市にアトリエを構え、千葉県立市原高等学校で教壇に立ちながら油絵を描いていましたが、1954年頃から駒井哲郎、浜田知明らの作品に魅せられ、独学で銅版画を始めます。以来、熱心に銅版画技法の研究を重ね、卓越した技術力に裏付けられた多色版による銅版画は、独特の詩情あふれる作品として制作されました。

高校教員を退いたのち日本版画協会理事長、多摩美術大学教授を歴任するなど後進の指導に尽力し、2017年93歳で急逝されました。

紫綬褒章やメキシコ合衆国の政府が外国人に授与する最高栄誉の勲章であるアギラ・アステカを受章するなど、深沢幸雄の仕事は世界的にも評価されています。珠玉の作品をご堪能ください。

●同時開催 館所蔵・茶道具名碗展
深沢ポスター
hP2025149.jpg
hP2025147.jpg
hP2025152.jpg
hP2025150.jpg

第22回 煌めくガラス絵展

12月25日(金)~2021年1月31日(日)の期間は、

【第22回煌めくガラス絵展】 の展示となります。

2020ガラス絵

今回は、日本ガラス絵作家協会の会員24名による最新作、約90点を展示いたします。
花をテーマに描かれた、それぞれの花をご高覧下さいませ。

また、1/1~1/11の期間は、休まず連日営業致します。

皆様のご来館をお待ちしてしております。



11/28 本日の紅葉

本日の紅葉です。
(小)2020紅葉4

(小)2020紅葉3

小)2020紅葉2

(小)2020紅葉うー

クリスマスツリーも飾り付けました。
(小)PB284885

最新記事
プロフィール

みくおちゃん

Author:みくおちゃん
松山庭園美術館は、田園の中の小高い丘の上にある、瀟洒な美術館です。
この美術館は芸術家・此木三紅大のアトリエを公開したもので、氏が参考資料とした数々の名画コレクション、茶道具などを中心に展示しております。
本館のほか、庭園内には地域の文化交流の場としての企画展示館や、長屋門、見晴し亭、茶室などが点在します。
また、庭のあちこちにはユニークな石の彫刻や鉄の彫刻(ガンダ彫刻)があり、ユーモラスに語りかけてくるようです。
四季折々の風情の中で、ゆったりと流れる時間を、どうぞお楽しみください。
〒289-2152
千葉県匝瑳市松山630
℡0479-79-0091
金・土・日・祝のみ開館
詳しくはHPへ
http://matuyamaartmuseum.web.fc2.com/
下にリンクがございます。

検索フォーム
リンク
QRコード
QR