FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験02展 ~新たなる絵画の冒険~

2018年2月2日~25日まで実験02展が開催されます。

P1310542 (800x564)


日頃、個展および各公募団体展に発表している作家たち有志があつまり、自分の作品の飛躍と脱皮をもとめて、また現在、客観的に見て低迷している感の団体展の活性化を願って、結成された展覧会です。


P1310546 (800x522) (2)

P1310547 (800x508)

P1310548 (800x566)


《作家名》 
石毛一徳・稲垣明子・後藤栄子・高田恵美子・高谷優・田中優子・田中ゆみ・
西川靖子・平岡祥子・平野義明・山本昌宏・渡邉美和子・コノキ・ミクオ       (順不同)

従来の絵画・彫刻の枠を超えて、今一度、美とは何かを模索し実験を試みる13作家のユニークな仕事をご紹介いたします。

併催で館所蔵の“茶釜と茶碗展”も開催しております。
是非ご覧下さいませ。

コノキ・ミクオ新春展~平面・立体など30点の美の展開~

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

1月5日よりコノキ・ミクオ新春展~平面・立体など30点の美の展開~が開催されております。
館所蔵・名画・茶道具展も併催しています。
今月の28日までとなりますので、是非ご来館下さい。

PC270363.jpg

PC270364.jpg

PC270365.jpg

第20回記念 煌めくガラス絵展

2017年12月1日より、第20回記念・煌めくガラス絵展が開催しています。
美しく煌めくガラス絵の魅力を追求し、普及活動を続けている
日本ガラス絵作家協会員22名による展覧会です。
個性豊かな作家たちが魅せる、60点のガラス絵が煌めいております。

土日には、協会員によるガラス絵体験教室を開催しています。
予約は不要ですので、是非スタッフにお声かけ下さい。

犬の三味線弾き


年末年始の休館日について
2017年12月25日~2018年1月4日は休館となります。

第14回「猫ねこ展覧会2017」~走る・じゃれる・寝る・猫達の楽園~

4月14日から
第14回「猫ねこ展覧会2017」~走る・じゃれる・寝る・猫達の楽園~
が開催されております。
P4259358.jpg
今年は全国から応募した190名の猫好き芸術家の絵画・彫刻・工芸・写真など
力作が美術館を埋め尽くしております。
仔猫の仕種の愛らしさに思わず微笑み、和み合うひと時。
心から優しく、愉快になれるよう、世の中に元気を取り戻す
お手伝いをしたいと思っております。
芸術家たちの、モデルをつとめたり、幸運招き猫になったりと
しなやかで、結構したたかな生き方をしている猫達の癒しの力
大いに楽しんで頂きたいと思います。
P4259357.jpg
お客様にご参加頂ける体験教室やイベント、オリジナルグッズの販売もございます。
0001.jpg
P4259350.jpg
P4259355.jpg
P4259356.jpg
P4259363.jpg
P4259366.jpg
P4259368.jpg
P4259373.jpg
P4259374.jpg

実験 02 ~新たなる絵画の冒険~

実験02展 開催中。  4月16日まで。

座談会「現代アートの試みについて」 3月19日(日)14時から [入館料のみ]
奮ってご参加下さい。

P1139047.jpg

日頃、個展および公募団体展に発表している作家たち有志が集い、自分の作品の飛躍と脱皮を求め、
また現在、客観的に見て低迷している感の団体展の活性化を願い、結成されたグループの展覧会です。
従来の絵画・彫刻の枠を超えて、今一度、美とは何かを模索し実験を試みる
12作家のユニークな仕事を展示致します。
ご批評をお待ちしております。

P3039184.jpg
P3039186.jpg
P3039188.jpg
P3039190.jpg
P3039193.jpg
P3039195.jpgP3039192.jpg

山本昌宏 石毛一徳 後藤栄子 高田恵美子 高谷優 田中優子

田中ゆみ 西川靖子 平岡祥子 平野義明 渡邉美和子 コノキ・ミクオ




プロフィール

みくおちゃん

Author:みくおちゃん
松山庭園美術館は、田園の中の小高い丘の上にある、瀟洒な美術館です。
この美術館は芸術家・此木三紅大のアトリエを公開したもので、氏が参考資料とした数々の名画コレクション、茶道具などを中心に展示しております。
本館のほか、庭園内には地域の文化交流の場としての企画展示館や、長屋門、見晴し亭、茶室などが点在します。
また、庭のあちこちにはユニークな石の彫刻や鉄の彫刻(ガンダ彫刻)があり、ユーモラスに語りかけてくるようです。
四季折々の風情の中で、ゆったりと流れる時間を、どうぞお楽しみください。
〒289-2152
千葉県匝瑳市松山630
℡0479-79-0091
金・土・日・祝のみ開館
詳しくはHPへ
http://matuyamaartmuseum.web.fc2.com/
下にリンクがございます。

最新記事
ねこ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。