FC2ブログ

第16回 猫ねこ展覧会2019

猫ねこ展覧会も残すところ、あと1日となりました。
今年も沢山のお客様にご来館頂き、猫スタッフ含め美術館一同、厚く御礼申し上げます。

最終日であります明日、7月28日は、15:00閉館となっております。
ご来館下さる予定のお客様は、お時間にお気を付け下さい。
ご理解下さいますようお願い申し上げます。

皆様のご来館をお待ちしております。

“猫ねこ展覧会2019”イベントについてのお知らせ

7月7日に予定しております“昼食には「まごころ庵の蕎麦とココナツカレー」”のイベントですが、
ココナツカレーの販売のみとなります。

また、雨天の際は庭園でのイベントの為、中止となりますのでご了解下さい。

誠に勝手ながら、ご理解頂けますようお願い致します。

第16回「猫ねこ展覧会2019」~走る・飛ぶ・じゃれる・寝る・猫たちの楽園~

今年も沢山のお客様に投票頂きました、【私の好きな作品大賞】決定いたしました。
期間中、投票にご協力頂きありがとうございました。
10位までの結果を発表いたします。

第1位  「月時計5」              米谷  和明   得票数 41
第2位  「ワケありニャンかま大集合」  須藤   怜    得票数 35
第3位  「陽」                 中村  淑子    得票数 33
第4位  「哲学する猫」            井上  瑞穂    得票数 32
第5位  「モモちゃん」             持田  敏子   得票数 31
第6位  「Cat Monster A」          船橋 つとむ  得票数 30
第7位  「仔猫の遊び」            岡田富士子   得票数 29
第8位  「クローバー」            坂田  彩美   得票数 28
第8位  「お昼寝」              村上  成美   得票数 28
第8位  「夏の蜃気楼」            阿久津 進    得票数 28

作品数も多く1つを選ぶのは迷ってしまうという意見も多い中、お客様おひとりおひとりに真剣に選びぬいて頂いた結果となっております。
今年も多くのお客様にご協力頂き、御礼申し上げます。

“猫ねこ展覧会2019”は7月28日まで引き続きお楽しみ頂けます。
様々なイベントもご用意しておりますので、是非ご参加下さい。
皆さまのご来館をお待ちいたしております。

猫展ブログ用 (432x640)

コノキ・ミクオとTシャツを作ろう!

第16回 猫ねこ展覧会2019~走る・飛ぶ・じゃれる・寝る・猫たちの楽園~

7月28日(日)まで [金・土・日・祝のみ開館] 開催しております。

毎週のようにイベントがございますが
6月15日(土)と7月6日(土)10時から
コノキ・ミクオとTシャツを作ろう!を行います。
61195255_1389156277894133_1138753141936750592_n.jpg
この様に用意してあるコノキ・ミクオのTシャツに
自由に手を加えて頂いたり
白いTシャツに1から描いて頂いても
チュニックなどをお持ちになって描いて下さってもOK!です。
61540066_1389156271227467_6731032201799925760_n.jpg
少し早いですが
お子様の夏休みの自由課題などにもいかがでしょうか?
費用は1枚1500円です。
皆さまのご参加をお待ちしております。

第16回「猫ねこ展覧会2019」~走る・飛ぶ・じゃれる・寝る・猫たちの楽園~

猫好きのお客様、お待たせいたしました。今年も猫ねこ展覧会がやってまいりました。
期間は4月12日~7月28日までとなっております。

ゴールデンウィーク中の4月26日~5月6日連日開館いたます。どうぞお出かけ下さい。

P4132165 (640x406)

今年も全国の猫好き作家さんがご応募下さり、様々な作品をご覧いただけます。

P4132185 (640x387)

また、お客様投票で決まる「私の好きな作品大賞」の投票期間は6月2日までとなっております。是非、お好きな作品にご投票下さい。

猫展ブログ用 (432x640)

作家オリジナルグッズの販売、作家さんの体験教室等のイベントもございます。

猫たちもお客様のご来館を心よりお待ちしております。

P4132163 (640x458)
プロフィール

みくおちゃん

Author:みくおちゃん
松山庭園美術館は、田園の中の小高い丘の上にある、瀟洒な美術館です。
この美術館は芸術家・此木三紅大のアトリエを公開したもので、氏が参考資料とした数々の名画コレクション、茶道具などを中心に展示しております。
本館のほか、庭園内には地域の文化交流の場としての企画展示館や、長屋門、見晴し亭、茶室などが点在します。
また、庭のあちこちにはユニークな石の彫刻や鉄の彫刻(ガンダ彫刻)があり、ユーモラスに語りかけてくるようです。
四季折々の風情の中で、ゆったりと流れる時間を、どうぞお楽しみください。
〒289-2152
千葉県匝瑳市松山630
℡0479-79-0091
金・土・日・祝のみ開館
詳しくはHPへ
http://matuyamaartmuseum.web.fc2.com/
下にリンクがございます。

最新記事
検索フォーム
リンク
QRコード
QR